記録を付けるのは基本ですね

基本的に何にしてもズボラな私。

お金に関しても、いつも「お金がないから節約しないと」と節約を意識してはきたのですが、漠然と思っているだけでした。

それが、数か月前の話ですが収入が減って本当にお金に困ったときに、改めて支出を見直してみたところ、何にいくらかかったかを自分でも把握していなかったことがわかりました。

家計簿のようなものも、書いてはいたのですが、気の向いたときにしか書いていなかったので正確ではなくて、あまり役に立っていませんでした。

もちろん、全く書かないよりもいいとは思うのですが。

私が主に預かっているのは、食費、日用品の類にかかるお金です。

なので、毎月何にいくら使うか、たとえば食費の中でもお米に月いくらくらい使っているか、油や調味料、野菜などおおまかな項目別に、かかっているお金の目安を付けるようにしてみました。

月の最初に、目安を付けて書いておき、途中経過を見ながら、使いすぎていたら調整するようにしみました。

そのためにも、もちろん家計簿は毎日つけています。

いまのところ、これが結構役に立っているようで、漠然と節約しようと思っている時とは違い、具体的に何をどのくらい抑えたらいいか、逆に何が節約できているかがわかるので、自分で出費を把握しているという実感でてきて、良かったです。