貯められない自分が貯めようと強制的にした方法

貯められない自分を変えたくて、どうやれば貯められるのかと貯蓄方法考えました。

お金が手元にあるとどうしても使ってしまうので、手元にないようにしてしまえばいいと思い、給与の日に別口座に先取りして積立貯金をする方法にしました。

1年で貯めたい額を決めて、12ヶ月で割り、その金額を月々自動で積立する方法にしました。

勝手に積み立てられていくので、気づくと貯まっているという状態になります。

下ろしたくても、窓口で手続きしなくてはいけませんので簡単には引き落とせません。このやり方で、コツコツ貯めることが出来ました。

節約と言えば、どうしてもやめられないのが外食です。

その分、どこかを節約せねばと思い光熱費を気持ち程度節約しました。

お風呂のお湯は必ず洗濯機で洗うことにし、残ったお湯で上履きやちょっとした汚れ物を洗います。

電気は、使っていない電子機器はコンセントから抜くようにし、夏や冬以外はエアコンのコンセントも抜いてある状態にしています。

電気代は昼間(10時以降)金額があがるので、その時間の前に家事を終わらせるようにしています。

洗濯機をすぐ回せるように、中に衣類を入れてある状態で、朝起きてすぐスイッチを入れて回します。